クロマグロ等の魚類養殖産業支援型研究拠点 | 近畿大学21世紀COEプログラム
Japanese English
近畿大学21世紀COEプログラムホーム プログラムの概要 研究プロジェクト シンポジウム・セミナー 助成制度 活動報告
ホーム > 活動報告 > 第5回SEASTAR2000研究集会参加報告(タイ・バンコック)

活動報告
■第5回SEASTAR2000研究集会参加報告(タイ・バンコック)
大学院前期博士課程1年 久保 敏彦
2004年12月13日から15日にかけて、タイ・バンコックにおいて開催されたSEASTAR2000に参加した。バイオロギング研究をベースにして行われた今回のシンポジウムでは、思いもよらない研究手法が紹介され非常に興味深いものであった。12月14日に奄美大島における水温変化と養殖クロマグロの体温の関係について発表を行った。瞬く間に発表時間の15分が過ぎ去ったためにあまり記憶に残っていないが、バイオテレメトリー手法を養殖研究に取り入れた新しい試みを充分に示すことができた。

今回のシンポジウムでは同年代の大学院生の活躍を目にして刺激を受け、また彼らと交流を深めることもできた。そして、より多くの論文を読み自らのテーマの基礎を固める必要があることを痛感した。SEASTAR2000国際シンポジウムでは非常に有益な時間を過ごすことができた。

近畿大学
サイトマップ お問い合わせ プライバシーポリシー