クロマグロ等の魚類養殖産業支援型研究拠点 | 近畿大学21世紀COEプログラム
Japanese English
近畿大学21世紀COEプログラムホーム プログラムの概要 研究プロジェクト シンポジウム・セミナー 助成制度 活動報告
ホーム > 活動報告 > WAS 2005大会参加報告(インドネシア・バリ)

活動報告
■WAS 2005大会参加報告(インドネシア・バリ)
COE博士研究員 池 承哲(飼料・食品安全・加工グループ)
5月 9日から 13日までインドネシアのバリで開催されたWorld Aqaculture Society 2005(WAS 2005)大会に参加し、"Feed Modeling to Juvenile Red Sea Bream Pagrus mojor Rearing in Floating Net Pen"を題名に、マダイ養殖における配合飼料の給餌戦略をポスター発表した。ヨーロッパではマダイの近縁種であるタイ類の養殖研究が始まっていることもあり、特にギリシャの研究者達はデータに大変興味を示してくれてタイ類養殖研究についての情報と意見を率直に交換することができた。

さらに、今回の大会は近年における世界養殖事情の変遷を顕著に反映したものとなり、魚類では東南アジア諸国を中心に展開されているハタ類の養殖,種苗生産,飼料開発などに関する研究が極めて多かった。

また、マグロのセッションではイタリア、スペイン、メキシコ、パナマなどの研究者による口頭発表が行われたが、その内容は養殖・畜養現況や施設に関するものが大多数であり、近畿大学のCOEプロジェクトで推進しているクロマグロ研究が世界を一歩リードしていることを実感した。しかし、一方で本学水産研究所COEグループの発表に対する各国研究者の関心の高さからはマグロ養殖に関わる諸外国が近畿大学の成果を積極的に吸収しようとする姿勢も読みとれ、日本のマグロ養殖産業に国際的な競争力をつけ支援していくためには、COEプロジェクト研究を常に高いレベルに維持し前進させる必要があることを再認識した。

近畿大学
サイトマップ お問い合わせ プライバシーポリシー