クロマグロ等の魚類養殖産業支援型研究拠点 | 近畿大学21世紀COEプログラム
Japanese English
近畿大学21世紀COEプログラムホーム プログラムの概要 研究プロジェクト シンポジウム・セミナー 助成制度 活動報告
ホーム > 活動報告 > larvi 2005: 4th fish & shellfish larviculture symposiumに参加して(ベルギー・ゲント)

活動報告
■larvi 2005: 4th fish & shellfish larviculture symposiumに参加して(ベルギー・ゲント)
助教授 澤田 好史(種苗生産・養殖グループ/水産研究所)
上記国際シンポジウムが2005年9月5-8日に、ベルギーのゲント大学で開催され、近畿大学からは澤田とCOE博士研究員Amal Kumar Biswas氏および 中川至純氏が参加しました。シンポジウムでは、澤田はクロマグロの初期成長・発育について口頭発表を、Biswas氏と中川氏はそれぞれ、クロマグロ仔稚魚飼育でのアルテミア栄養強化とマダイ仔稚魚飼育水中の微生物相についてポスター発表を行いました。larvi 2005は今回で4回目の開催の比較的新しいシンポジウムで、4-5年に1度開催され,国際的な水産養殖の普及・発展に伴って、仔稚魚を飼育する技術向上を目指した学術的研究成果の発表がなされてきました。ポスター発表ではBiswas氏の発表がposter of special interestに選ばれ、選考委員の講演でその解説がなされました。

シンポジウムには50カ国、450名の参加者があり盛会でした。シンポジウムの内容が仔稚魚飼育に限られているので、口頭発表会場はゲント大学の歴史ある講堂Ailaのみで、ポスターはこの講堂内の壁面に掲示するというスタイルでした。開催地がヨーロッパであったことから、研究発表の対象魚介類はヨーロッパ産のものが主でしたが、仔稚魚の形態、生物餌料、栄養要求、生理、遺伝、親魚養成、技術・設備と幅広い分野での発表がなされ、参加者には大いに参考になるとともに、その熱気に刺激されるものでした。また,発表の合間のコーヒーブレイク、ウェルカムパーティー、懇親会では各国の研究者と情報交換ができ、知己を増やせたので、これを今後のCOEプログラムの遂行に大いに活用したいと考えています。


近畿大学
サイトマップ お問い合わせ プライバシーポリシー