クロマグロ等の養殖科学の国際教育研究拠点 | 近畿大学グローバルCOEプログラム
English
お問い合わせ サイトマップ リンク プライバシーポリシー
ホーム GCOE拠点 スタッフ 海外提携校 シンポジウム・セミナー 活動報告
ホーム > GCOE拠点 > GCOEプログラムの概要
GCOE拠点

拠点リーダー挨拶

GCOEプログラムの概要

拠点の組織と研究内容

教育実施体制について

拠点の組織と研究内容
■ 人工種苗グループ(グループリーダー:澤田 好史 教授)
□ 研究内容の紹介
種苗の安定供給は水産養殖産業の発展に必須の事項です。当拠点では世界に先駆けてクロマグロ人工種苗開発を行い、産業への供給も既に果たしましたが、他種も含めた人工種苗生産技術はまだまだ研究・開発を要する分野です。

メンバーは、親魚養成、成熟・産卵技術、配偶子保存、仔稚魚・幼魚飼育技術,健康で優良な種苗を目指した形態異常防除、親魚の遺伝的管理、品種改良等の研究を進めています。

□ 各事業推進担当者の研究項目
澤田 好史 教授
クロマグロの脂肪組織形成、品種改良。養殖魚の形態異常防除,トラフグのオス化技術開発

太田 博巳 教授
養殖魚介類の人為催熟手法の開発、配偶子の品質決定要因の解析と向上技術の開発,および配偶子・胚の凍結保存技術開発

宮下 盛 教授
クロマグロの初期減耗軽減、マレーシア・サバ大学と共同でのハタ類種苗生産技術開発

家戸 敬太郎 准教授
DNAマーカーを用いた親魚の遺伝的管理、遺伝子導入による品種改良法、クロマグロ仔稚魚の消化酵素の遺伝子発現、マレーシア・サバ大学と共同でのマーブルゴビの種苗生産

小林 徹 准教授
養殖魚の始原生殖細胞の移動・生殖巣形成・性分化機序、クロマグロのDNAマーカー探索と育種への応用研究



■ 養殖グループ(グループリーダー:石橋 泰典 准教授)
□ 研究内容の紹介

養殖グループは、資源枯渇が著しい世界の重要魚類を対象に、成魚に育てるまでの過程で発生する様々な問題の原因を解明し、効率的な次世代型養殖システムを開発することに重点を置きます。

特にクロマグロでは、養成過程や輸送中に様々な大量死や病気が発生し、安定生産が困難とされています。また、配合飼料を十分に利用できず、環境汚染を引起しやすい生餌で育てることが一般的になっています。

このような生産効率の低さを克服することがマグロ類養殖の最重要課題の一つであり、当グループはそれらの解決と新しい養殖システムの開発に向けて以下の様々な研究に取り組んでいます。

□ 各事業推進担当者の研究項目
村田 修 教授
世界の重要養殖魚を対象にした新規飼育技術の開発

滝井 健二 教授
マグロ用配合飼料の実用化と低廉化、養魚飼料の代替蛋白・脂質源の探索

石橋 泰典 准教授
マグロ類の衝突死、皮膚損傷等による大量死の原因解明と対策の確立

石丸 克也 助教
クロマグロ等の養殖魚における魚病診断法の確立と対策の開発

A. K. Biswas 助教
クロマグロを含む養殖魚の栄養生理と陸上養殖システムの構築

中川 至純 助教
重要海産魚の飼育生態系の解明と新規養殖システムの開発



■ 環境グループ(グループリーダー:江口 充 教授)
□ 研究内容の紹介

自然環境に負荷をかけない養殖が現在強く求められています。持続的養殖生産確保法の施行はそれを具現化するための法的な整備といえます。養殖が環境に与える影響を解析し、その保全方法を確立して、社会の要請に応えていくためには、養殖が関わる生態系を物理的・化学的・生物的な多方面から包括的に研究する必要があります。

環境グループでは、持続性の高い養殖法を確立するために、次のような様々な研究テーマに取り組んでいます。

□ 各事業推進担当者の研究項目
江口 充 教授
湾養魚場水域の環境容量評価と環境保全、病原性微生物の環境動態解析と防除、陸上飼育水生態系のバイオコントロール

坂本 亘 教授
湾養魚場水域の環境容量評価と環境保全、クロマグロ稚魚種苗生産にかかわる飼育環境と魚群行動制御の研究

山根 猛 教授
養殖生産システムの分析および研究開発

高木 力 准教授
養殖魚の行動と遊泳能力に関する研究、養殖施設の最適設計に関する研究開発

光永 靖 講師
最適な養殖生産システムの構築を目指した養殖魚の行動モニタリング



■ 利用・安全グループ(グループリーダー:塚正 泰之 教授)
□ 研究内容の紹介

グローバルCOEプログラムの具体的な目標として、養殖クロマグロの肉質向上、低水銀クロマグロの商品化と普及、未利用部位の有効利用技術の開発、トレーサビリィティシステムの確立、安全・安心を中心とした利用加工方法の開発が挙げられています。

当グループはこれらの項目を実現するため、養殖グループと連携をとり、生産段階において安全性が高く、高品質な養殖魚の生産を目指します。また細胞レベルでのアレルゲン性の検討など安全性向上に関する研究も進めます。

さらに、養殖魚未利用部分の機能性成分の高度利用、消費者の嗜好性に基づく新たな流通・加工技術の開発も行ないます。

□ 各事業推進担当者の研究項目
塚正 泰之 教授
養殖餌料等の改善によるクロマグロの肉質向上、養殖魚未利用部分の高度利用

河村 幸雄 教授
養殖魚の未利用部位中の機能性成分の検索と作用機構の解明、およびアレルゲン性の検証

安藤 正史 教授
養殖条件による低水銀クロマグロの開発、魚類の水銀の吸収・代謝機構の解明



■ 流通・リスク分析グループ(グループリーダー:多田 稔 教授)
□ 研究内容の紹介

世界的にマグロ需要が増加傾向を続ける中で、蓄養原魚を含めて天然マグロの漁獲規制が強まっており、クロマグロ人工種苗の産業的量産技術開発への期待が高まっています。そこで、流通・リスク分析グループでは、天然種苗に対して人工種苗が優位性を発揮できる経済的条件を解明します。

さらに、その条件が満たされた場合に予想されるクロマグロの養殖ビジネスモデルや国際分業の形態を研究するとともに、養殖クロマグロの安全安心を消費者に向けてアピールするマーケティング戦略を立案します。

□ 各事業推進担当者の研究項目
多田 稔 教授
マグロの需給動向分析とクロマグロ養殖ビジネスモデルの解明

小野 征一郎 教授
マグロをめぐる国際関係と養殖クロマグロの経営分析

有路 昌彦 准教授
養殖クロマグロの安全性の経済評価とマーケッティング研究
近畿大学