クロマグロ等の養殖科学の国際教育研究拠点 | 近畿大学グローバルCOEプログラム
English
お問い合わせ サイトマップ リンク プライバシーポリシー
ホーム GCOE拠点 スタッフ 海外提携校 シンポジウム・セミナー 活動報告
ホーム > スタッフ
スタッフ

事業推進担当者

博士研究員

大学院博士後期課程

事業推進担当者
熊井 英水
役職名 教授・近畿大学理事/拠点リーダー
所属 水産研究所浦神実験場・大学本部
専門分野 水産増殖学
担当研究テーマ 全体の総括



滝井 健二
役職名 教授/サブリーダー(研究担当)・養殖グループ
所属 水産研究所浦神実験場・新宮実験場
専門分野 魚類栄養学
担当研究テーマ 1)クロマグロ稚魚および育成用配合飼料の開発
2)魚類配合飼料の代替タンパク質・脂質源の検索
3)魚類の絶食・再給餌と消化吸収機能など



太田 博巳
役職名 教授/サブリーダー(教育担当)・人工種苗グループ
所属 農学研究科水産学専攻
専門分野 魚介類繁殖生理学
担当研究テーマ 1)魚類の成熟制御、特に配偶子の品質向上に向けた技術の開発
2)魚介類の配偶子保存技術の開発
3)ウナギの種苗生産技術の開発



澤田 好史
役職名 教授/人工種苗グループリーダー
所属 水産研究所大島実験場
専門分野 種苗生産学,発生生物学
担当研究テーマ 1) クロマグロ種苗生産技術開発―マグロ類の初期発育、脂質代謝。優良種苗作出のためのDNAマーカー開発
2) 養殖魚の形態異常防除―飼育環境要因による形態異常発生メカニズム解明と防除法開発
3) トラフグオス化技術開発



宮下 盛
役職名 教授/人工種苗グループ
所属 水産研究所白浜実験場・奄美実験場
専門分野 種苗生産学
担当研究テーマ 1) クロマグロの初期減耗低減
2) 初期餌料としてワムシ類を摂餌できない小型仔魚タイプ魚類の種苗生産技術開発
3) 新養殖対象魚の検討とその種苗生産技術の開発



家戸 敬太郎
役職名 准教授/人工種苗グループ
所属 水産研究所白浜実験場
専門分野 遺伝育種学
担当研究テーマ 重要な養殖対象魚であるマダイを中心として、品種改良や親魚の遺伝的管理に関する研究を主として分子生物学的手法を用いて行っているが、魚種や研究分野にこだわらず、生産現場に直結した研究をしたいと考えている。



小林 徹
役職名 教授/人工種苗グループ
所属 農学研究科水産学専攻
専門分野 遺伝育種学・発生生物学
担当研究テーマ 1) 優良系統保存システムのための胚操作技術の開発および胚発生および形態形成機構の解明
2) 性分化コントロール技術の開発
3) 品種改良研究:有用魚種の養殖集団における遺伝管理



柳下 直己
役職名 講師/人工種苗グループ
所属 農学研究科水産学専攻
専門分野 集団遺伝学
担当研究テーマ 1) 分子遺伝学的手法を用いた優良種苗の作出
2) 養殖魚の遺伝的多様性の評価



石橋 泰典
役職名 教授/養殖グループリーダー
所属 農学研究科水産学専攻
専門分野 魚類環境生理学
担当研究テーマ 1) マグロ類の飼育、輸送過程でみられる共食い、衝突死、皮膚損傷等の大量死発生原因の解明と対策の開発
2) 海産魚の飼育環境制御による新規養殖ステムの開発
3) 養殖魚のストレスと健全性に関する研究



宮下 盛
役職名 教授・水産研究所所長/養殖グループ
所属 水産研究所白浜実験場・富山実験場
専門分野 水産増殖学
担当研究テーマ 1) クロマグロ養殖の産業化に向けた研究
2) 新たな養殖対象魚種の開拓および養殖技術の開発



宮下 盛
役職名 助教/養殖グループ
所属 水産研究所白浜実験場
専門分野 魚病学
担当研究テーマ 病気に強い魚を作る。



ビシャシュ アマル
役職名 助教/養殖グループ
所属 水産研究所浦神実験場
専門分野 養殖生理学
担当研究テーマ 1) クロマグロ稚魚の配合飼料の開発
2) 環境要因の調節による飼育技術の開発
3) 配合飼料における魚粉に替わるタンパク源の探索
4) 養殖魚類のストレスや生殖生物学に関する研究



江口 充
役職名 教授/環境グループリーダー
所属 農学研究科水産学専攻
専門分野 水族環境学
担当研究テーマ 1) 持続的養殖のための内湾養魚水域の環境容量評価と環境保全
2) 種苗生産用陸上飼育水のバイオコントロールによる高度化
3) 魚病微生物の環境動態の解明と生態学的防除法の開発



坂本 亘
役職名 教授/環境グループ
所属 水産研究所白浜実験場
専門分野 魚類行動学
担当研究テーマ 1) イケス内での遊泳行動と空間規模
2) 成長および餌種の相違による消化性
3) 水温変化が体温と行動に及ぼす影響



山根 猛
役職名 教授/環境グループ
所属 農学研究科水産学専攻
専門分野 漁場学
担当研究テーマ 養殖生産システムの分析および研究開発



高木 力
役職名 教授/環境グループ
所属 農学研究科水産学専攻
専門分野 水産物理学
担当研究テーマ 1) バイオメカニクス(生体力学)を用いた魚類の遊泳能力の解明
2) 魚群行動の仕組みとその役割に関する研究
3) 養殖施設の力学的解析とそれららの最適設計手法の研究開発



光永 靖
役職名 講師/環境グループ
所属 農学研究科水産学専攻
専門分野 魚類行動学
担当研究テーマ 魚類の行動、漁具の挙動、環境の変動に関する情報を、データロガー(記録計)やトランスミッター(発信機)を用いてテレメトリー(遠隔測定)し、最適な漁業生産システムの構築を目指す。特に本グローバルCOEでは、養殖魚の行動、生簀の挙動、養殖環境の変動をモニタリングし、最適な養殖生産システムの構築を目指す。



永田 恵里奈
役職名 助教/環境グループ
所属 農学研究科水産学専攻
専門分野 環境微生物学
担当研究テーマ 1)魚類病原性微生物の検出系の開発とその感染環の解明
2)魚類病原性微生物の病原機構の解明と防除法の開発



塚正 泰之
役職名 教授/利用・安全グループリーダー
所属 農学研究科水産学専攻
専門分野 水産利用学
担当研究テーマ 1)クロマグロの品質(色、肉質、味、香り、栄養価)の保持・改良に関する研究
2)近赤外分光法によるクロマグロ品質の非破壊判定法の開発
3)養殖魚の有効利用に関する研究



河村 幸雄
役職名 教授/利用・安全グループ
所属 農学研究科応用生命化学専攻
専門分野 食品機能学・分子細胞生物学
担当研究テーマ クロマグロおよび養殖魚の生理機能性物質並びに未利用資源の利用



安藤 正史
役職名 教授/利用・安全グループ
所属 農学研究科水産学専攻
専門分野 水産化学・食品衛生学
担当研究テーマ 1)養殖クロマグロの水銀の低減化に関する研究
2)海外産水産物の安全性に関する研究
3)魚類の新規鮮度指標の開発



伊藤 智広
役職名 講師/利用・安全グループ
所属 農学研究科水産学専攻
専門分野 食品機能学・骨代謝学
担当研究テーマ 1)水産物成分の生体機能調節に関する研究
2)水産物成分の皮膚機能への影響に関する研究
3)未利用資源(加工残渣)の有効利用法に関する研究



多田 稔
役職名 教授/流通・リスク分析グループリーダー
所属 農学研究科水産学専攻
専門分野 計量経済学・開発経済学
担当研究テーマ マグロ市場動向の分析と養殖マグロのビジネスモデルに関する考察を行い、完全養殖技術がマグロ天然資源に及ぼす影響を解明する。



小野 征一郎
役職名 教授/流通・リスク分析グループ
所属 水産研究所浦神実験場
専門分野 水産経済学
担当研究テーマ 1) マグロ養殖業の実態分析と将来展望
2) 魚類養殖業の経営分析―マグロを中心として―
3) マグロ延縄漁業の経済分析



有路 昌彦
役職名 准教授/流通・リスク分析グループ
所属 農学研究科水産学専攻
専門分野 経営分析学
担当研究テーマ 養殖クロマグロの安全性の経済評価とマーケッティング研究


近畿大学