近畿大学SATREPS 地球規模課題対応国際科学技術協力 Japanese English Espanol
SATREPSとは 研究課題 スタッフ シンポジウム 活動報告 業績
ホーム > SATREPSとは
コンテンツ
はじめに
リーダー挨拶
SATREPSとは
SATREPS(サトレップス)とは、独立行政法人科学技術振興機構(JST)独立行政法人国際協力機構(JICA)共同で実施している、地球規模課題(※)解決のために日本と開発途上国の研究者が共同で研究を行う3〜5年間の研究プログラムです。

※地球規模課題
一国や一地域だけで解決することが困難であり、国際社会が共同で取り組むことが求められている課題(環境・エネルギー問題・自然災害(防災)・感染症・食糧問題など)

このプログラムが設立された背景には、今日、地球温暖化や感染症対策を始め、科学技術の更なる発展なしには解決の兆しが見えない、グローバルな課題の脅威が急激に増してきています。その解決のための新たな技術の開発・応用や新しい知見の獲得、そしてイノベーションへと発展するためには、研究コミュニティの積極的なコミットメントが必要不可欠です。地球規模課題は単にひとつの国や地域にとどまらず、各国(日本を含む)自らの課題であることは明白です。特に影響を受けやすい状況にある途上国では、ローカルなニーズに基づく研究開発が必要とされており、我が国の優れた科学技術への期待が高まっています。

同時に、人材育成を含めこれらの課題に総合的に対処する能力、持続的発展のための科学技術力向上(大学・研究機関等の自立的な研究開発能力の向上や課題解決に向けて持続的な活動を推進する体制の構築)も、途上国にとって急務となっています。そして、日本を含む我々人類社会が持続可能な発展を遂げるため、また、日本の研究コミュニティにとっても日々重要性が増しているこのような研究を推進する上でも、開発途上国との研究協力の強化が必要不可欠になっています。

SATREPSの詳細については、SATREPSホームページをご覧ください。

サイトマップ プライバシーポリシー お問い合わせ
近畿大学