養殖研究の歴史
ホーム > 養殖研究 >

養殖研究の歴史

養殖研究の歴史

戦後の食糧難を救う「海の畑」構想

日本初となる養殖漁業を構想

近畿大学第一養魚場

敗戦直後の日本。和歌山をはじめ全国の漁港は、漁獲高が大幅に落ち込んでいました。それを見た近畿大学初代総長世耕弘一は、海をひとつのいけすと捉え、「海の畑」をつくろうと考えます。

これが、魚の養殖のはじまりです。

当時は、遠洋漁業しかなかった時代、ほとんどすべての漁業関係者が半信半疑だったにもかかわらず、世耕弘一は漁業振興と水産資源の自給を目標に、栽培漁業を唱え実行しました。

そして1948年、南紀の白浜町長の協力を得ることで、臨海研究所(後の水産研究所)が誕生したのです。

信念が実現した養殖漁業への道

研究当初は、はじめての試みであっただけに失敗の連続。大学の財政を圧迫する事態に、一時は研究の撤退を提案する声もあったものの、世耕弘一の強い信念と確かな裏付けにより研究は続行。

やがて、総長自らの努力をはじめ、研究に携わる人々の能力によってハマチの養殖に成功することができました。続いてマダイ、カンパチなど高級魚の養殖へと続き、水産研究所は和歌山県下の漁業関係者の注目を集めます。

現在、15万トンにのぼる養殖ブリ類のきっかけをつくったのが、世耕弘一によるこの水産研究所なのです。

養殖技術確立の中心となった「小割式養殖」

小割式養殖

養殖研究の成功を裏付ける要因のひとつとなったのが、原田輝雄による「小割式養殖」との出会いでした。

それまでは湾を仕切った養魚池で魚を放し飼いすることが行われてきましたが、網いけすを用い、小さく飼うことに目をつけました。

養殖技術確立のために信頼できる研究者が必要だと考えた世耕弘一は、京都大学農学部まで足を運び、若き原田輝雄をスカウト。その革新的な「小割式養殖」によって、水産養殖は成功を収めることができました。

この技術は現在、世界の養殖技術の主流となっています。

日本の養殖技術を開拓した水産研究の先駆者たち

世耕 弘一 先生 初代総長・理事長
世耕 弘一 先生(1948年7月~1965年4月)
世耕 政隆 先生 第2代総長・理事長
世耕 政隆 先生(1965年4月~1998年9月)
世耕 弘昭 先生 第3代理事長
世耕 弘昭 先生(1998年9月~2011年9月)
松井 佳一 先生 初代所長
松井 佳一 先生(1958年9月~1976年8月)
原田 輝雄 先生 第2代所長
原田 輝雄 先生(1976年8月~1991年6月)
熊井 英水 先生 第3代所長
熊井 英水 先生(1991年7月~2008年3月)
村田 修 先生 第4代所長
村田 修 先生(2008年4月~2011年3月)
宮下 盛 先生 第5代所長
宮下 盛 先生(2011年4月~2015年11月)
升間 主計 先生 第6代所長
升間 主計 先生(2016年4月~現在)
ページ上部へ