クロマグロ等の養殖科学の国際教育研究拠点 | 近畿大学グローバルCOEプログラム
English
お問い合わせ サイトマップ リンク プライバシーポリシー
ホーム GCOE拠点 スタッフ 海外提携校 シンポジウム・セミナー 活動報告
ホーム > スタッフ > 博士研究員
スタッフ

事業推進担当者

博士研究員

大学院博士後期課程

博士研究員
常本 和伸
役職名 グローバルCOE博士研究員/人工種苗グループ
所属 水産研究所白浜実験場
専門分野 分子生物学、発生生物学、水産化学
担当研究テーマ 1)クロマグロ・シマアジ・ブリなど水産有用魚種のDNAマーカーの単離
2)DNAマーカーを用いた水産有用魚種の評価系の確立
3)DNAマーカーを用いた海産有用魚種のトレーサビリティ法の確立



松本 太朗
役職名 グローバルCOE博士研究員/養殖グループ
所属 農学研究科
専門分野 魚類の視覚と行動
担当研究テーマ クロマグロ等海産養殖魚の視覚特性に関する研究。視覚は魚類の行動を左右する重要な感覚の一つです。光を使った魚類の行動制御や,養殖魚飼育に有効な光環境の把握を目指して研究しています。



福田 漠生
役職名 グローバルCOE博士研究員/環境グループ
所属 農学研究科
専門分野 確率過程の水産業への応用
担当研究テーマ 現代数学の確率論、確率過程を水産学に応用し、今までとは違った角度から様々な問題解決に挑戦しています。 マルコフ過程を応用した魚の行動解析、カルマンフィルターを応用し魚の個体サイズの推定、最適化制御理論を応用した漁業と養殖業の関係モデルの構築などの問題に取り組んでいます。



津田裕一
役職名 グローバルCOE博士研究員/環境グループ
所属 水産研究所白浜実験場
専門分野 魚類行動学
担当研究テーマ 1) イケス内でのクロマグロの遊泳行動と空間利用
2) 濁りがクロマグロの行動に及ぼす影響
3) 養殖クロマグロと天然クロマグロの活動量の違い



Ivan Chong Chu Koh
役職名 インターンシップ博士研究員/人工種苗グループ
所属 農学研究科
専門分野 繁殖生理学
担当研究テーマ 魚介類配偶子の保存技術の開発



津田裕一
役職名 インターンシップ博士研究員/利用・安全グループ
所属 農学研究科
専門分野 水産利用学
担当研究テーマ 1) マレーシアの養殖水産物における有害重金属の含有量
2) 添加物による養殖魚水銀レベルの低減化



Sharifah Noor Emilia
役職名 インターンシップ博士研究員/環境グループ
所属 農学研究科
専門分野 水族環境学
担当研究テーマ 微細藻類を有効に利用した種苗生産技術の高度化



近畿大学